成田空港駐車場なら安心のコスモパーキングをご利用ください。

English

第1ターミナル南ウイング航空会社のご案内

第1ターミナル南ウイング航空会社のご案内
トップページ > 成田国際空港第1.2.3ターミナル航空会社のご案内 > 第1ターミナル南ウイング航空会社のご案内
 

スターアライアンス

ロゴタイ航空 ニュージーランド航空  logo_h1
タイ国際航空は、1960年に設立された、タイ大国の航空会社です。バンコクのスワンナブーム国際空港をハブ空港として南アメリカを除くすべての大陸に就航しています。成田空港からは、毎日3便がバンコク、スワンナブーム国際空港に就航しています。 ニュージーランド航空は、1940年ニュージランド王国のオークランドに設立され、オセアニア地域を中心に 、アジア・ヨーロッパ・北アメリカに就航(61の都市)しています。又,ニュージランド王国のフラッグ・キャリアです。1980年8月から成田空港へ定期便を就航しています。現在は、オークランドに向けて、NZ90便が毎日週7便・NZ94便が,月・水・土曜日に週3便が,成田ーオークランドに就航しています。共同運航便で、成田ー香港線にNZ4147便(全日空NH809便の共同運航)を成田ーソウル線にNZ4055便(アシアナ航空OZ105便の共同運航)に就航しています。又日本の国内線では、全日空と共同運航で、成田ー札幌(2便)・成田ー仙台(2便)名古屋(中部国際空港1便)大阪(伊丹空港1便)福岡(2便)沖縄(1便)に共同運航しています。 アシアナ航空は、1988年に大韓民国ソウル特別市に設立された航空会社です。金浦国際空港・仁川国際空港をハブ空港とし、韓国国内線12都市14路線、国際線22カ国/67都市(この内16都市は日本)/91路線に就航しています。成田空港には、一日4便週28便仁川ー成田間に就航しています。
バンコク行 TG641便 TG643便TG677便 NZ90便NZ94便 ソウル行 OZ101便OZ103便OZ105便OZ107便
 
 
logo_air_canada シンガポール航空  ターキッシュエアーライン
エア・カナダは、1937年に設立されたカナダの航空会社です。カナダのケベック州に本部が在り、カナダのフラッグ・キャリアでもあります。主要ハブ空港はトロント・ピアソン国際空港ですが、バンクーバー国際空港が太平洋のハブ空港として利用され、モントリオール・トルドー国際空港がその他のハブ空港として利用されています。又、カルガリー国際空港は西部カナダのミニハブ空港でもあります。エア・カナダはカナダの20都市、アメリカ合衆国への35路線とアジア、オーストラリア、カリブ、ヨーロッパ、メキシコ、インド及び南アメリカの47都市へ直接旅客サービスとして定期及びチャーター便の運航を行っている。この航空会社は平均すると毎日740便近く、毎年2300万人の顧客にサービスを行っている。日本からは、バンクーバーに向けて毎日週7便就航しています。又、カルガリーに向けて毎週水・金・日曜日の週3便が就航しています。 シンガポール航空は,1947年に設立されたシンガポールを代表する大企業の一つで、チャンギ国際空港をハブ空港とするシンガポールの「フラッグ・キャリア」です。又、保有機材は、最新鋭機をいち早く導入し、保有機就航年数も平均約5年と短いサイクルです。成田空港からは、シンガポールに向けて毎日2便週14便が運航しています。又ロサンゼルスにも毎日週7便運航しています。 ターキッシュエアーラインズは、1933年トルコ共和国、国防省国家航空事業運営部として設立され、その後1956年3月国営特別会社となる。現在の、株式会社ターキッシュエアーラインズ(株式比率トルコ政府49.1%民間50.9%)です。当然トルコ共和国のフラッグ・キャリアです。 就航国は、105ヶ国就航都市は、219都市に及びます。これは、世界最多です。 日本へは、1989年に就航し、成田ーイスタンブール間に毎日(TK51便)週7便月・水・土・日曜日(TK53便)の週4便運航しています。又、日本国内に於いても、全日空との共同運航により、日本の主要都市、成田札幌線にTK8837便TK8829便・成田・福岡線にTK8865便・TK8841便・成田・仙台線にTK8855便・成田・名古屋線(中部空港)にTK8839便・成田・大阪(伊丹空港)にTK8859便をそれぞれ共同運航しています。
 AC4便 AC10便 シンガポール行  SQ637便SQ11便SQ12便 TK51便TK53便
 
エジプト航空  航空エバー  深圳航空

エジプト航空は、エジプトの国営会社で、1932年カイロを本拠地としてミスル・エアーワークとして設立され、1958年にエジプトとシリアの合併により、ユナイテッド・アラブ航空に社名変更されました。1961年に両国は、合併から僅か3年で分裂しましたが、社名は其の儘1971年まで継続され、現在のエジプト航空に変更されました。アフリカでは、2番目に大きな航空会社です。又、アラブ航空会社機構の加盟航空会社で創設メンバーでもあります。2017年には、創立85周年を迎えます。これは世界で7番目に長い歴史を持つ航空会社です。日本への就航は、1962年にに日本とアフリカ大陸が初めてダイレクトに結ばれたのです。エジプト航空は2013年7月14日から、成田/カイロ線を運休すると発表しました。運休は期間は定めていません。外務省が安全情報を発出、これに伴う旅行会社のツアー催行中止を受けて、需要が減ったものと見られます。現在は、ターキッシュエアーラインズと共同運航で成田-イスタンブール間を運航しています。TK53便(MS9361便)

 エバー航空は、1989年4月に、張栄集団の張栄発氏により、台湾の民間航空会社として設立されました。1991年に7月に営業を開始しました。成田空港からは、成田-台北(桃園)線を、1日2便成田-高尾線を1日1便が就航しています。日本へは、成田空港を始め、羽田空港・関西国際空港・福岡空港・新千歳空港・旭川空港・函館空港・仙台空港・小松空港・那覇空港の9都市10空港に乗り入れています。 深圳航空は、1992年12月中国広東省深圳市に、中国国際航空の子会社として設立されました。深圳法宝安国際空港を拠点(ハブ空港)に、80の都市に就航していま す。成田空港へは、
イスタンブール行 MS9361便
   
あなイエローの枠の中の行き先をクリックすると各便名の詳細が表示されます。
全日本空輸は、日本の航空会社でANAホールディングス株式会社の子会社です。国内線では、最大の路線網もち、その国内線乗客数は日本最大級です。(成田空港からは、札幌(新千歳)仙台・名古屋(中部国際空港)大阪(伊丹空港)広島・福岡・沖縄に就航しています。)成田空港からの国際線では、アジア諸国を始め、ヨーロッパ諸国・アメリカ合衆国(12の国と2地域に32の路線が就航しています。これは日本航空を上回る路線数です。 又、航空会社聯合スターアライアンスの一員でもあります。レターコードNHは、全日本空輸の全身になる、日本ヘリコプターに由来します。近年では、全ニック傘下の格安航空会社(LCC)ピーチアビエーション・バニラエアが成長軌道に入り近年の訪日需要増に答えています。
ホノルル行 NH184便NH182便 シカゴ行 NH12便NH114便 ヒューストン行 NH174便 ロサンゼルス行 NH6便 ニューヨーク行 NH10便NH104便 シアトル行 NH178便
サンノゼ行 NH172便 ワシントンDC行 NH2便 ブリュッセル行 NH231便 デュッセルドルフ行 NH209便  サンフランシスコ NH8便 デリー行 NH827便
上海行 NH919便NH921便NH959便 香港行 NH809便NH811便 北京行 NH955便 瀋陽行 NH925便 広州行 NH933便 成都行 NH947便
厦門行 NH935便 杭州行 NH929便 大連行 NH903便 青島行 NH927便 台北行 NH823便 ムンバイ行 NH829便
ヤンゴン行 NH813便 シンガポール行 NH845便NH801便 バンコク行 NH807便NH805便 クアラルンプール行 NH815便 マニラ行 NH819便 ホーチミンシティ行 NH831便
ジャカルタ行 NH835便
 
ユナイテッド航空 イエローの枠の中の行き先をクリ ックすると各便名の詳細が表示されます。
ユナイテッド航空は(創立時は、ユナイテッド・エアクラフト・&トラスト社)、1926年ボーイング社の創始者であるウイリアム・ボーイングによって航空機の製造から運航まで手掛ける会社として設立されました。2001年のアメリカ同時多発テロ事件で、米国、国内線のUA175便とUA93便が、ハイジャックされてテロに使われました。其の為か利用客が激減して経営が悪化し連邦倒産法第11章の適用を受けたが運航を継続し、その後経営の再建を果たし、連邦倒産法第11章の適用は除外されました。2015年5月にコンチネンタル航空と合併により、デルタ航空を抜いて世界最大の航空会社となりました。又、かつてのパンアメリカン航空の太平洋路線を買収した際に、手に入れた日本に対する無制限の以遠権が在り、発着枠があれば、日本から第3国の都市へ路線開設が可能な航空会社でもあります。(同様に、デルタ航空にも以遠権がある)成田空港へは、1983年成田シアトル便でした。現在は、グアム・ワシントン・ヒューストン・ロサンゼルス・ニューヨーク・シカゴ・サンフランシスコ・デンパー・シンガポール・ソウル・ホノルルの11都市に毎日13便就航しています。
                 
ホノルル行 UA902便 ロサンゼルス行 UA33便 サンフランシスコ行き UA838便 デンバー行 UA138便
シカゴ行 UA882便 ニューアーク行 UA78便 シンガポール行 UA803便 ソウル行 UA79便
ワシントンDC行 UA804便 ヒューストン行 UA6便 グアム行 UA827便UA197便UA874便
   
エチオピア航空 ヴァージン・オーストラリア航空 航空スカンジナビア
エチオピア航空は1945年12月に、エチオピア政府によってエチオピアのアディスアベバに設立された、エチオピアのフラッグキャリアです。翌年4月アディスアベバーカイロ線をDC-3 5機で初就航しました。1958年には、フランクフルトに長距離路線の運航を開始し1998年に大西洋線に就航した。日本へは、2014年10月に、外国人国際航空運送事業の許可を取得。全日本空輸とコードシェアを開始。翌年2015年4月日本からアフリカ大陸への唯一の定期国際便成田国際空港ーアディスアベバ・ボレ国際空港線(ET673便)が就航しました。運航日は、毎週水・金・日曜日の週3便が香港経由で運航しています。機材は、ボーイングB-788です。成田国際空港ーアディスアベバ・ボレ国際空港間(香港経由)を16時間10分です。又2011年12月13日航空連合スターアライアンスに正式加盟しました。ボレ国際空港をハブ空港として世界89の都市に就航しています。 オーストリア航空は、1957年9月30日 オーストリア共和国ウイーンに、エア・オーストリアとオーストリアン・エアウェイズが合併して誕生しました。ウイーン国際空港をハブ空港として130の都市に就航しています。1989年7月に、オーストラリア航空・アエロフロート・全日本空輸3社共同運航でウイーン~モスクワ~成田線を就航、現在は、成田国際空港とウイーン国際空港間を毎日1便週7便を運航しています。この便は、全日空NH6325便として共同運航されています。又、オーストラリアのフラッグキャリアで在りますが、2008年12月にルフトハンザドイツ航空グループ傘下に、2009年9月にルフトハンザドイツ航空が株式の90パーセント以上取得し親会社となっています。又、アシアナ航空と共同運航で、成田空港からソウル(仁川)に向けてOZ101便をOS6971便で共同運航しています。 スカンジナビア航空(ScandinavianAirlinesSysteSASは、スウェーデン王国のストックホルムに本社を置く航空会社です。この航空会社は、スウェーデン王国(出資比率40パーセント)デンマーク王国(出資比率30パーセント)ノルウェー王国(出資比率30パーセント)のスカンディナヴィア3か国が共同して運航しています。それぞれ各国政府は自国出資比率の50パーセントの株を保有し、事実上のナショナル・フラッグキャリアとなっています。拠点空港は、スウェーデン王国の首都ストックホルムのアーランダ国際空港が北アメリカに対するハブ空港とし、デンマーク王国の首都コペンハーゲンのコペンハーゲン国際空港がアジアに対するハブ空港となっています。スカンディナヴィアは勿論、フインランド・アイスランド等北欧諸国・バトル三国・ヨーロッパ・アフリカ・中近東・アジア・北アメリカなどに幅広い旅客・貨物のネットワークを築いています。昨今北欧やバルト三国の航空会社を次々と傘下に収めています。又、ルフトハンザ航空・オーストリア航空とも関係が強化されています。日本へは、第2次世界大戦後に乗り入れを開始した航空会社の一社です。当時はバンコク経由でした。現在は、成田国際空港―コペンハーゲン国際空港に毎日1便週7便成田コペンハーゲン間を約11時間30分で運航しています。機材は、新塗装の変更と共に、エアバスA340で運航しています。
アディスアベバ行 ET673便 ウイーン行 OS52便 コペンハーゲン行 SK984便
 
ドイツ航空ルフトハンザ スイス航空 LOTポーランド航空
ルフトハンザドイツ航空は1926年1月に、ドイツ連邦共和国政府が26パーセント同国地方都市が、19パーセントの出資によりJunkers Luftverkehr社とDeutscherga社が合併し誕生した航空会社です。1990年に東西ドイツ統一時に、東ドイツ側国営航空部門であったインターフルークの事業を引き継ぎ、1994年に、完全民営化を果たす。1997年には、ユナイテッド航空・タイ航空・エアカナダ・スカンジナビア航空と航空連合スターアライアンスを結成しました。又2006年にはスイスインターナショナルエアーラインズ、2009年にオーストリア航空を相次いで買収し、傘下に於きました。現在、ドイツ連邦共和国乗るとライン=ヴェストファーレン州ケルン市に本社を置き、フランクフルト空港・ミュンヘン国際空港をハブ空港として、世界98ヶ国274の都市に就航しています。旅客数もヨーロッパ第2位・世界大9位のメガキャリアです。日本への乗り入れは,1961年で就航地は、成田国際空港(ミュンヘン・フランクフルト)・東京国際空港(フランクフルト)・関西国際空港(フランクフルト)・中部国際空港(フランクフルト)です。又、ルフトハンザドイツ航空の綿密な機体整備は高く評価されており、ルフトハンザドイツ航空の中古機材を用いて就航しているLCC航空会社も多いのです。 スイスインターナショナルエアラインズは、旧スイス航空グループのクロスエア(クロスエアは、1975年にスイス連邦共和国のバーゼルに設立され1990年にスイス航空の子会社となる)が、2002年に破綻した親会社スイス航空の路線と機材を継承して、2002年3月31日に名称変更し発足した航空会社です。本社を、スイス連邦共和国バーゼルに置き、チューリッヒ空港をハブ空港として、世界49か国105の都市に就航しています。IATA航空会社コードは、旧クロスエアのコードのLXを引き継いでいます。又、2006年4月に航空社連合スターアライアンスに加盟しました。スイスグローバルエアラインズ・エーデルワイス航空を子会社として傘下に於いています。2007年7月1日には、ルフトハンザドイツ航空の子会社になり現在に至っています。保有機材はエアバスを中心に96機保有しています。日本では、成田国際空港とチュウリッヒ空港を毎日1往復しています。(成田発LX161便・チュウリッヒ発LX160便)又全日本空輸(ANA)がNH6751・NH6752便として共同運航しています。 LOTポーランド航空は、1929年に民間航空会社数社が合併し、ポーランド共和国国有財産省が株式の略100パーセントを保有し首都ワルシャワに設立された航空会社でポーランドのフラッグ・キャリアです。2003年10月には、航空連合スターアライアンスに16番目の航空会社として加盟を果たしました。日本へは、2016年1月14日から成田国際空港―ワルシャワ・ショパン空港間に毎週月・木・土曜日の週3便をボーイングB788で就航しました。成田発はLO80便所要時間は11時間30分です。・ワルシャワ発は、LO79便になります。所要時間は10時間20分です就航地は、世界36ヶ国58の都市に就航しています。IATA航空会社コードはLOです。
フランクフルト行 LH711便 ミュンヘン行 LH715便 チューリッヒ行 LX161便 ワルシャワ行 LO80便
 
中国国際航空 南アフリカ航空
中国国際航空: 中国国際航空股有限公司・Air Chinaは、1988年中華人民共和国北京市に設立された中国のナショナルフラッグキャリアです。(国家主席・中国政府要人が外遊・地方視察などに使用しています。)2006年には、キャセイパシフイック航空との間で相互間の資本関係を発表キャセイパシフイック航空に対し10.2パーセントの出資をしました。又、キャセイパシフイック航空から19.53パーセントの出資を受けました。又この年、航空連合スターアライアンスに加盟を表明しよく2007年12月スターアライアンスに加盟しました。日本へは、成田国際空港(上海線・天津線・大連線・成都線・重慶線・北京線)東京国際空港(北京線)中部国際空港(北京線)関西国際空港(北京線・成都線・重慶線・大連線・杭州線・上海線・天津線)福岡空港(北京線・大連線・上海線)新千歳空港(北京線)函館空港(北京線)仙台空港(北京線・上海線)茨城空港(北京線)広島空港(北京線)那覇空港(北京線)が就航しています。北京首都国際空港をメインハブ空港とし、世界35の国と3地域186の都市に就航しています。 南アフリカ航空は、1934年南アフリカ共和国政府が、ユニオンエアウェイズを買収し南アフリカ共和国・ハウテン州・ヨハネスブルグに南アフリカ航空と改名し、設立された航空会社です。又、同国のフラッグ・キャリアでもあります。南アフリカ航空はアフリカ大陸最大の航空会社でもあり、最も歴史の長い航空会社でもあります。」設立当初は、英国等ヨーロッパ諸国の移民地であったアフリカ各地への運航のみであったが、現在は、ヨハネスブルグに在るO・    R・タンボ国際空港とケープタウン国際空港をハブ空港としてアフリカ周辺国・ヨーロッパ・アジア・オセアニア・南アメリカ・北アメリカ等の28の国と1地域35の都市に就航しています。日本へは、かつてバンコク経由で関西国際空港に乗り入れていましたが現在は、運休しています。日本への自社路線は開設していませんが、2006年に航空会社連合スターアライアンスに加盟したことにより全日空の成田国際空港―香港線のNH811便をSA7139便(共同運航)とし香港経由でヨハネスブルグに運航しています。又、エディハド航空の成田国際空港―アブダビ線のEY871便をSA2315便(共同運航)としアブダビ経由でヨハネスブルグに就航しています。
 
上海行 CA158便CA930便CA920便 北京行 CA926便 成都行 CA460便 重慶行 CA158便 大連行 CA952便 天津行 CA952便 香港経由ヨハネスブルク行 SA7139便 アブダビ経由ヨハネスブルク行 SA2315便
ワンワールド  
airberlin_logo 二キ航空
エアベルリンは、1978年東西分裂ドイツに於いて、西ドイツの航空会社は、西ベルリンに乗り入れが出来ませんでした。その西ベルリンに乗り入れるために米国・オレゴンに創立されました。1991年ドイツ統一後にベルリンに、Air Berlin GmbH & Co. Luftverkehrs KGを設立しドイツ資本に移しました。その後1997年にIATAに加盟し2004年には、オーストリアの航空会社ニキ・ラウダ率いる二キ航空の株式を取得しlow fares allianceとして提携関係を結ぶ。後に2011年ニキ・ラウダから25.9パーセントの株式を譲り受け持ち株比率は49.9パーセントになります。2012年には、航空会社連合ワンワールドに加盟しました。現在では、ベルリン・テーゲル空港、デュッセルドルフ空港をハブ空港に24の国と154の都市就航しています。ヨーロッパでは4番目の規模の航空会社グループに数えられています。日本への乗り入れは、2012年12月よりエティハド航空とのコードシェア便AB4059便(成田発EY871便)をアブダビ経由でベルリンへ向けてエティハド航空と毎日共同運航しています。 二キ航空は、2003年にオーストリア共和国ウイーンに往年のF1ドライバーニキ・ラウダ氏がドイツのアエロ・ロイド航空のオーストリアの子会社、アエロ・ロイド・オーストリアを買収して自らのファーストネームを付け二キ航空を設立された国際線の格安航空会社(LCC)です。又、設立時に24パーセントの出資をエア・ベルリン社から受けましたが、2011年ニキ・ラウダ氏から25.9パーセントの株式譲渡を受け現在は49.9パーセントの出資を受けています。この年、ニキ・ラウダ氏は、エア・ベルリン社の社外取締役に就任していますが、2012年9月辞任しています。2012年に、エア・ベルリン社が、ワンワールドに加盟した際二キ航空もアフリエイトメンバーとして加盟しました。現在二キ航空は、ウィーン国際空港とザルツブルク空港をハブ空港として、33都市に就航しています。日本へは、2015年6月14日よりエティハド航空とのコードシェア便HG4059便(成田発EY871便)でアブダビ経由ウイーン行を運航しています。
アブダビ経由ベルリン行 AB4059便 アブダビ経由ウイーン行 HG4059便
ノンアライアンス
オーストリア航空 ウズベキスタン航空 航空エアプサン
オーストリア航空は、1957年エア・オーストリアとオーストリアンエアウェイズの合併により誕生した、オーストリア共和国のニーだーエスターライヒ州シュベヒャートを本拠地とする航空会社です。ウイーン国際空港をハブ空港とし、世界106の国と130の都市に就航しています。オーストリア共和国のフラッグ・キャリアでもありますがルフトハンザドイツ航空が、株式の90パーセント以上を取得しています。1997年にはニキ・ラウダ氏率いるラウダ航空を買収して傘下に収めています。2000年には、スターアライアンスに加盟にしました。  ウズベキスタン航空は、1992年1月28日にウズベキスタン政府によって設立された国営航空会社です。ウズベキスタン共和国のタシュケント空港を拠点に世界40ヶ国に、お客様と貨物を運んでいます。ウズベキスタン国営航空は、現在週2便の定期便を成田空港よりウズベキスタン共和国の首都、タシケント空港に運航しています。タシケント空港を乗り継ぎで、中央アジアの各都市やヨーロッパの各都市を訪れることが出来ます。 二キ航空は、2003年にオーストリア共和国ウイーンに往年のF1ドライバーニキ・ラウダ氏がドイツのアエロ・ロイド航空のオーストリアの子会社、アエロ・ロイド・オーストリアを買収して自らのファーストネームを付け二キ航空を設立された国際線の格安航空会社(LCC)です。又、設立時に24パーセントの出資をエア・ベルリン社から受けましたが、2011年ニキ・ラウダ氏から25.9パーセントの株式譲渡を受け現在は49.9パーセントの出資を受けています。この年、ニキ・ラウダ氏は、エア・ベルリン社の社外